ホームページ作成SEOマニアックス

コアサーバーでMT4.xを使用した予約投稿をするにはcronの設定が必要になります。その設定手順を分かりやすく説明します。

MT4.x 自動投稿設定

コアサーバー借りてMT4.x使ってるんだけど、日時指定で投稿が出来ないんだよ...
と先日知人から相談を受けたので、今更ながらですがコアサーバーのcronの設定手順を解説します。
cronとはWindowsマシンで言う所の、タスクにあたる機能で、云わば設定した時刻に、特定のプログラムを動かすと言う動作をする物です。

殆どのWindowsユーザーの場合は自分で意識して使用していないと思います。
QuickTimeやGoogleツールバーをインストールすると勝手にアップデートのタスクが入る程度かな。
通常のレンタルサーバーはUnix系を使用していますのでただ単に呼び方が違うとでも思ってください(笑)

ちなみにWindowsサーバーを使用している場合は、このcronの役目をタスクでスケジュールさせることになります。
Windowsで自サバ構築している人はこれを使うことになりますな。

Advertisement

まずコアサーバー側のcron設定をする前に、.shと言う拡張子のファイルを作ってやります。

コアサーバーでMTの予約投稿をする場合、.shのソースは下のようになりますので、テキストエディターに下記をコピーしてご自分の環境に合わせて書き直してください。

#!/bin/sh
cd /virtual/example/public/mt
/usr/bin/perl ./tools/run-periodic-tasks
echo
exit

2行目はMTをインストールしているパスになります。
exampleはご自分のアカウント名と置き換えてください。
例ではpublic直下にmtと言うディレクトリを作り、その中にmtをインストールしてある場合です。

また、改行コードはLFで作成する必要があります。
LFになっていないと、cronが動きません。

改行コードの変更方法が分からない方はサクラエディター 入力改行コードの指定 (LF)を参考にしてください。

作成が終わったら.shと言う拡張子で保存してください。

ここでの例では、job.shとしてあります。
cronジョブを複数作る場合は、job01.sh job02.sh ... 見たいにしておけば良いと思います。

属性の変更

FTPソフトでサーバーに接続し、MTをインストールしたディレクトリを開きます。中にtoolsと言うディレクトリがあるのでそれを開くと、
run-periodic-tasks
と言うファイルがあると思います。コイツを右クリックし、実行権を付ける為、属性を755に変更します。
この後前項で作成したjob.shを任意のディレクトリに転送します。
ここでの例では/virtual/example/に転送しています。
転送したら job.sh にも実行権を付ける為、属性を705に変更します。

コアサーバー側cronの設定

コアサーバーの管理画面にログインし、サーバー設定 - CRONジョブ の順に開きます。

画像の例は、毎時30分にcronジョブを開始する設定の例です。

exampleの部分は、自動的に自分のアカウントが入っているはずです。
隣の空白に、job.sh と入力して、下方にスクロールして保存を押下します。

例では >/dev/null 2>&1と言う文字が入っていますが、これはアカウント取得時に設定したメールアドレスに、cronジョブの開始メッセージを送信しないようにするコマンドです。
最初はこのコマンドを入れずに保存して、ジョブメールを受け取ってください。
エラーが有る場合はメールでエラー内容が送信され、エラーが無い場合は、件名のみで内容は空白のメールが送られてきます。
エラーが無ければCRONジョブに >/dev/null 2>&1を追記してやればメールは送信されなくなります。


コアサーバーは私の所でもいくつかのサイトを入れていますが、年間たったの5000円で15GBの大容量があり、しかもマルチドメイン・サブドメインが無制限で使え、世の中に出ているサーバーの機能も殆ど使用できると言う高機能サーバーです。多分この価格帯のサーバーの中では最強かも。(私が他を知らないだけか?)
動画を置いたりアクセスが2000ユニーク/1日越えるサイトを置いたりしてもストレスを全く感じさせない、すばらしいレンタルサーバーだと思います。

これから色々やってファイル容量が増えそうな方や、マルチドメイン・サブドメインを思いっきりつかってみたい方にはかなりお勧めです。 詳しくは下記バナーよりコアサーバーのサイトをご観覧ください。


Advertisement
格安レンタルサーバのロリポップで、MTの公開日時指定投稿を使用して自動投稿を行う為のcron設定
Apacheサーバーでindex Ofを表示させたくない場合の、httpd.confの編集手順。HPの中身を表示させては、セキュリティー上も都合が良くありませんからね!
ロリポップ!レンタルサーバーが2009年6月29日よりディスク容量を5倍増量。現行200MBから1GBに増量され、より使いやすく便利に!
さくらインターネットのレンタルサーバで、.htmlをPHPとして動かす方法。php5.2.9版のphp-cgiをターミナル接続でコピーして動かす手順です
さくらサーバーでディレクトリの Index of 表示を不可にする手順です。デフォルトではindex.htmlなどのファイルが無いディレクトリ内がブラウザで丸見えになってしまうので、セキュリティー面でもあまり芳しくありませんのでアクセスさせないようにしておきましょう。

<<<前の記事へ | 次の記事へ>>> このページのトップへ


■複数キーワードで検索する時は半角スペースで区切ってください
My Yahoo!に追加
IPv4アドレスついに枯渇!
迷惑極まりない問い合わせ
MTおよびMTOS 5.02 セキュリティーアップデート
ロリポップサーバーでのMT公開日時指定投稿(cron)設定
自サイトが悪意のある他サイトにインラインフレーム表示される
Gumblar対策
MTOS 5.0 アップグレード後、携帯サイトが文字化け
MTOS 5.0 アップグレード手順 SQLite
Firefox プロセス終了できない現象
不正なサイト乗っ取りの防止策
MT ファイルアップロード制限変更手順
Apacheサーバーでのindex Of 表示回避手順
SWFなどの埋め込みコンテンツがIE6でエラーダイアログが出る現象
MT4.261アップグレード手順
ロリポップサーバ、ディスク容量増加!
さくらインターネット .htmlをPHPとして動かす
MTOS 4.x インストール手順
MT 4.x ダウンロード 転送 パーミッション変更 SQLiteデータベース作成
さくらサーバーでの Index of 表示をさせない手順
phpのバージョン確認方法
Apache2.2 最新バージョン
PHP インクルード 文字化けする現象
コアサーバーでのcronの設定 MT4.x 日時指定で予約投稿編
サクラエディター 入力改行コードの指定 (LF)
ハッスルサーバーで Service Temporarily Unavailable が頻繁に出る
チカッパphp5バージョンアップ後のphp includeエラー対処
さくらサーバーで.htmlをphpとして動かす
FLVファイルの埋め込みでのIEスクリプトエラー対処
ロリポップサーバーでphp5バージョンアップ時のincludeエラー対処
ハッスルサーバーでMT4.2 PHP化注意事項
格安レンタルサーバーの比較
Google独自ブランドのブラウザGoogle Chrome登場!
Windows MediaPlayer11 でHTML埋め込みwmvが視聴出来ない現象
FLV動画の埋め込み手順
Safariでのcssレイアウトずれ対処
Firefox3 公開!IE7より9.3倍早い!!!
自宅サーバーでの検索エンジン対策
相互リンクと被リンク
metaタグを知ろう!
go-pear.phpが実行できない場合
SEOを考慮したサイトの引越し(301リダイレクト)
IE7でのレイアウトずれ対処
バックリンク(被リンク)について
Thumbs.db ファイルをFTPに残さない(作らない)
自宅サーバ でのwmv埋め込み+Firefox・Mozilla(Apache)
サイト整理=リンク切れのチェック
FireFox Add-ons Edit CSS
Flash(.swf)の埋め込み-IE・Mozilla系共有
wmvファイル埋め込み(Java Script 編)
wmv動画の埋め込み(IE・Mozilla系共用)
IEでのレイアウトずれ対処(css)
IE6以前でpng透過画像を使用する
フレームセットの利点と欠点
htmlファイル整理|ディレクトリ毎のファイル整理
検索エンジンを意識したサイトを作る
ホームページのタイトルと内容
MT作成サイトのPHP化手順
さくらサーバーでのPHPサイト構築
PEARのインストール(さくらサーバー編)
サクラエディターの使い方
サクラエディターのインストール

サイトマップ