ホームページ作成SEOマニアックス

Movable Type Open Source 4.25(MTOS 4.25)のダウンロードとFTP転送、各cgiのパーミッション変更手順と、初心者でも分かりやすいSQLiteの設置手順です。

Movable Type 4.x のインストール手順です。

最近では各レンタルサーバで自動インストールも出来る所が増えましたが、中には「自分でやってみたい」とか、「常に最新バージョンを入れておきたい」と言う方もいると思います。

また、レンタルサーバによっては、バージョンが古いままだったりもしますので、確実に最新バージョンを使用するなら、面倒でも自分でインストール必要があります。
自分で行なえればバージョンアップ時も自力で出来ますからね!

と言うわけで、ここでは同じMTでも、MTOS(Movable Type Open Source)での手順になります。

Advertisement

download.jpg

まずはMTOS(Movable Type Open Source)の公式サイトに行き、今すぐダウンロードをクリックします。


down-2.jpg

ダウンロードのダイアログが出るので、自分の分かりやすい所にダウンロードします。


zipfile.jpg

このようなzipファイルのアイコンが出るので解凍します。


zipout.jpg

解凍されるとこのようなフォルダが現れます。

MTOS 4のファイルををアップロードする

解凍したMTOS-4.25-jaの中身全てをFTPでアップロードします。

ここでの例ではトップディレクトリにmtと言うディレクトリを作成し、その中にアップロードしています。

回線速度にもよりますが、アップロードには数分掛かりますので気長に待ちましょう(笑)


mt-check.cgiを削除する

全てのアップロードが終わったら、レンタルサーバの場合はmt-check.cgiは削除しておきましょう。
このファイルはMTを動作させるためのモジュールがサーバにインストールされているかを確認するためのものになります。

不用意に置いたままにしておくと、どのようなサーバなのかを垂れ流しにしているようなものですので、必ず削除しておきましょう。

自宅サーバを構築している方等は一度このmt-check.cgiにブラウザからアクセスし、MTの動作に必要なモジュールが全て組み込まれているかチェックしましょう。
必要なモジュールのインストール後、mt-check.cgiは削除しましょう。


パーミッションの変更

.cgiの拡張子のものを全て選択し、パーミッション(属性)の変更をします。

FFFTPツールを使用している場合は、選択後に右クリックをし、属性変更(A)を押下します。


パーミッションの変更

属性を、755又は700に変更してOKします。

CGIのパーミッションは、ご利用のサーバにより異なりますので、各サーバのマニュアルに従ってください。
さくら・Xサーバ・COREサーバなどは755、 ロリポ・チカッパなどは700です。
Windowsサーバの場合は属性は関係有りません。

ここでは初心者の為に、データベースにSQLiteを使用する手順を記します。

SQLiteデータベースの作成

mtを転送したディレクトリの中に、dbと言うフォルダを作成します。
(dbで無くても自分が分かる名前なら良いです)

ローカル(自分のマシン)の任意の所に、テキストエディタで、mt.dbと言うファイルを作ります。
中身は空のままで結構です。

Windows付属のメモ帳では.dbと言う拡張子は作れませんので、mt.txtと言うファイルにして、転送後にmt.dbにリネームしてください。
データベースの名前はmt.dbでなくても拡張子が.dbになっていればかまいません。


続いてデータベースファイルはWeb上からアクセスできる場所に作成してあるので、不用意にアクセスされないように.htaccessで制御します。

<Files *>
<Limit GET>
deny from all
</Limit>
</Files>

上記のソースをテキストエディタにコピーし、名前を.htaccessとして保存し、mt.dbと同じディレクトリに転送します。

Windows付属のメモ帳では.htaccessと言うファイルは作れませんので、htaccess.txtと言うファイルにして、転送後に.htaccessにリネームしてください。


MTOS 4.25 のインストールへ続く

Advertisement
Movable Type、および Movable Type Open Sourceが5.02にアップデートされた。セキュリティーアップデートとバグの修正が含まれる
MTOS 5.0 アップグレード後、携帯サイトに使用しているプラグインmt-i18n.plが上手く動作せず文字化けしてしまう。
MT5.0、及びMTOS5.0アップデート手順と、SQLite データベースを利用している場合にMySQLに移行する場合の注意事項と操作手順。
MT、MTOS4.261のアップデート手順です。MT4.0以降は同じ手順でアップグレードできます。ここでの例は、データベースをSQLiteを使っている場合の手順になります。
MTOS(Movable Type Open Source) 4.25のインストール手順の詳細。

<<<前の記事へ | 次の記事へ>>> このページのトップへ


■複数キーワードで検索する時は半角スペースで区切ってください
My Yahoo!に追加
IPv4アドレスついに枯渇!
迷惑極まりない問い合わせ
MTおよびMTOS 5.02 セキュリティーアップデート
ロリポップサーバーでのMT公開日時指定投稿(cron)設定
自サイトが悪意のある他サイトにインラインフレーム表示される
Gumblar対策
MTOS 5.0 アップグレード後、携帯サイトが文字化け
MTOS 5.0 アップグレード手順 SQLite
Firefox プロセス終了できない現象
不正なサイト乗っ取りの防止策
MT ファイルアップロード制限変更手順
Apacheサーバーでのindex Of 表示回避手順
SWFなどの埋め込みコンテンツがIE6でエラーダイアログが出る現象
MT4.261アップグレード手順
ロリポップサーバ、ディスク容量増加!
さくらインターネット .htmlをPHPとして動かす
MTOS 4.x インストール手順
MT 4.x ダウンロード 転送 パーミッション変更 SQLiteデータベース作成
さくらサーバーでの Index of 表示をさせない手順
phpのバージョン確認方法
Apache2.2 最新バージョン
PHP インクルード 文字化けする現象
コアサーバーでのcronの設定 MT4.x 日時指定で予約投稿編
サクラエディター 入力改行コードの指定 (LF)
ハッスルサーバーで Service Temporarily Unavailable が頻繁に出る
チカッパphp5バージョンアップ後のphp includeエラー対処
さくらサーバーで.htmlをphpとして動かす
FLVファイルの埋め込みでのIEスクリプトエラー対処
ロリポップサーバーでphp5バージョンアップ時のincludeエラー対処
ハッスルサーバーでMT4.2 PHP化注意事項
格安レンタルサーバーの比較
Google独自ブランドのブラウザGoogle Chrome登場!
Windows MediaPlayer11 でHTML埋め込みwmvが視聴出来ない現象
FLV動画の埋め込み手順
Safariでのcssレイアウトずれ対処
Firefox3 公開!IE7より9.3倍早い!!!
自宅サーバーでの検索エンジン対策
相互リンクと被リンク
metaタグを知ろう!
go-pear.phpが実行できない場合
SEOを考慮したサイトの引越し(301リダイレクト)
IE7でのレイアウトずれ対処
バックリンク(被リンク)について
Thumbs.db ファイルをFTPに残さない(作らない)
自宅サーバ でのwmv埋め込み+Firefox・Mozilla(Apache)
サイト整理=リンク切れのチェック
FireFox Add-ons Edit CSS
Flash(.swf)の埋め込み-IE・Mozilla系共有
wmvファイル埋め込み(Java Script 編)
wmv動画の埋め込み(IE・Mozilla系共用)
IEでのレイアウトずれ対処(css)
IE6以前でpng透過画像を使用する
フレームセットの利点と欠点
htmlファイル整理|ディレクトリ毎のファイル整理
検索エンジンを意識したサイトを作る
ホームページのタイトルと内容
MT作成サイトのPHP化手順
さくらサーバーでのPHPサイト構築
PEARのインストール(さくらサーバー編)
サクラエディターの使い方
サクラエディターのインストール

サイトマップ